• ホーム
  • パンダアップデートについて詳しく解説

パンダアップデートについて詳しく解説

2019年06月10日

Googleのアルゴリズムは様々なアップデートにより変更が加えられますが、その中にはパンダアップデートと呼ばれるものもあります。パンダアップデートとは、品質が良いサイトの順位を上昇させ、品質の悪いサイトの順位を下げるために行われるアップデートのことを言います。

パンダアップデートにおいては3つのことが重要となります。1つ目はサイトにオリジナリティがあるかどうかということです。コピーコンテンツは著作権の問題が発生するだけでなく、サイトとして評価されないようになっています。コピーコンテンツが見つかると検索順位が大幅に落ちることになります。

2つ目はサイト内のバナーの量が適切かどうかということです。また、インデックス数が多いと評価が高くなります。インデックス数が増えるまでのスピードも大切です。

3つ目はコンテンツが充実しているかどうかということであり、コンテンツが充実しているサイトほど検索順位が上昇します。サイトによってテキスト量は異なりますが、テキスト量が多いことは高い評価に繋がります。テキスト量が多いと中身が充実している可能性が高くなるからです。しかし、テキストがいくら多かったとしても同じような内容が多いとあまり評価に繋がらないこともあります。

ユーザーはGoogleなどの検索エンジンを使ったウェブサイトを探します。しかし、インターネット上には莫大な数のウェブサイトがあるので見やすいサイトを見つけるのは容易ではないかもしれません。そこでGoogleでは、ユーザーにとって有益なサイトが検索結果の上位に表示されるように工夫しています。それがアルゴリズムのアップデートです。

Google側がいくら注意していても、それぞれのサイトを実際に人の目で見て確認することは容易ではありません。低品質か良質かといった見極めは、ある程度機械に任せざるを得ないケースも多いです。そこでGoogleではアルゴリズムを定期的にアップデートし、その時代のニーズに合ったサイトが上位に表示されるようにしています。SEO対策を行う際にはそのことを踏まえておくことが重要となります。極端に言えば、いくらサイトとして素晴らしい内容になっていても、アルゴリズムに合っていなければ検索上位に表示されない可能性があります。低品質と良質の判断や検索結果にはアルゴリズムが大きく影響します。それゆえにサイトの運営者はそれぞれの検索エンジンのアルゴリズムを理解し、SEO対策を行うことが大切となっています。

関連記事
近年は更に被リンクが重要視されている

昨今のGoogleのアップデートではウェブサイトのリンクが重要とされています。ユーザーのニーズは複雑化を続けており、1つのサイトで疑問を解決できないケースが増えてきました。そのため、リンク先も活用できるサイトの方が使いやすいという考え方が広がり、リンクが充実しているサイトが検索上位に表示されるように

2019年05月21日
ペンギンアップデートについて詳しく解説

ペンギンアップデートとは、SEOスパムや低品質なリンクを対象として、ウェブサイトの評価を調整するアップデートのことを言います。Googleではユーザーの利便性を重視して、ペンギンアップデートを行っています。簡単に言うと危険性の高いサイトの検索順位が上がらないようにするのが、ペンギンアップデートの大き

2019年06月25日
Google大変動アップデートによる順位への影響

Googleでは年に何回かコアアルゴリズムのアップデートを行います。コアアルゴリズムとは、アルゴリズムの中でもコア、核となる部分のことを指します。検索結果への影響は大きく、コアアルゴリズムがアップデートされたときには検索順位が大きく変動することもあります。Googleはコアアルゴリズムをアップデート

2019年05月07日