• ホーム
  • 被リンクを自然に集める手法

被リンクを自然に集める手法

2019年10月03日
パソコンを使う女性

バックリンクは自然と増えていくのが理想ですが、実際にはなかなかそのような状態にはなりません。リンクを繋ぐことのリスクを多くのサイト運営者は理解しているからです。バックリンクを増やしたいのであれば、幅広いサイトに訪問してみるのが有効となります。足繁く訪問を続けていると、徐々に信用性が高まっていきます。中古ドメインを活用することも被リンクの数を増やすことに繋がります。中古ドメインは新規ドメインに比べて、ドメインとしての信用性が高いことが多いです。それゆえにリンクを増やすことに繋がります。コンテンツを充実させることもバックリンの増加に有効となります。コンテンツが充実していると、他のサイトから見てもリンクを繋ぎたいと思ってもらいやすくなるからです。

専門性の高いサイトは傾向的にリンクを集めやすいとされます。専門性の高いサイトは利用者にもたらすメリットが多く、様々な疑問を解決することが出来るという特徴もあります。ユーザーにとって有益なサイトとはリンクを繋ぎあいたいと考える運営者が多く、専門性の高さは重視されているといえるでしょう。

自サイトとリンク先が役割分担をしているような状態になると、リンクを繋いでいる意味が大きくなります。サイトを運営しているとリンクを繋ぐことを依頼されることがあります。相手のサイトに問題がなければ、リンクを繋ぐという選択肢をしても困ることはありません。しかし、怪しい要素を持っているホームページだった場合は否認することが重要となります。怪しいと知りつつ、バックリンクを繋いだ場合は自サイトのユーザーがリンク先で困ってしまうかもしれません。それゆえにしっかりと見極めて必要に応じて否認することが大切です。

昨今ではSNSをきっかけとして被リンクを繋ぎあうというケースもあります。それゆえにSNSでやり取りを行うことは有効となります。とはいえ、闇雲に繋ごうとすると怪しまれてしまう恐れがあります。SNSは使いやすいメディアではありますが、あまり頼りすぎないように立ち回ることも必要といえるでしょう。

SEO対策は特定の手段一辺倒になるのではなく、幅広い手段を組み合わせることが大切です。幅広い手段を取り入れていれば、状況の変化に対応しやすくなります。SEO対策に正解はなく、その時々にベターな方法が存在します。そのため、様々な状況をよく確認しておくことも大切なことと言えるでしょう。

関連記事
近年は更に被リンクが重要視されている

昨今のGoogleのアップデートではウェブサイトのリンクが重要とされています。ユーザーのニーズは複雑化を続けており、1つのサイトで疑問を解決できないケースが増えてきました。そのため、リンク先も活用できるサイトの方が使いやすいという考え方が広がり、リンクが充実しているサイトが検索上位に表示されるように

2019年05月21日
ペンギンアップデートについて詳しく解説

ペンギンアップデートとは、SEOスパムや低品質なリンクを対象として、ウェブサイトの評価を調整するアップデートのことを言います。Googleではユーザーの利便性を重視して、ペンギンアップデートを行っています。簡単に言うと危険性の高いサイトの検索順位が上がらないようにするのが、ペンギンアップデートの大き

2019年06月25日
Google大変動アップデートによる順位への影響

Googleでは年に何回かコアアルゴリズムのアップデートを行います。コアアルゴリズムとは、アルゴリズムの中でもコア、核となる部分のことを指します。検索結果への影響は大きく、コアアルゴリズムがアップデートされたときには検索順位が大きく変動することもあります。Googleはコアアルゴリズムをアップデート

2019年05月07日