• ホーム
  • 近年は更に被リンクが重要視されている

近年は更に被リンクが重要視されている

2019年05月21日

昨今のGoogleのアップデートではウェブサイトのリンクが重要とされています。ユーザーのニーズは複雑化を続けており、1つのサイトで疑問を解決できないケースが増えてきました。そのため、リンク先も活用できるサイトの方が使いやすいという考え方が広がり、リンクが充実しているサイトが検索上位に表示されるようになっています。つまり、被リンクで信頼性の確保をすることが大切です。

しかしながら、リンクが多ければ良いということではありません。信用性の高いリンクが増えると良質なサイトであると見なされる可能性が高まります。サイトを運営する際にはドメインをどうするかといったことも重要となります。既にドメインエイジを重ねている中古ドメインを利用した方が有利となることも少なくありません。中古ドメインであれば比較的安価で使用することが出来ます。信用性のあるドメインの方がバックリンクの数が増えやすく、バックリンクの多さのおかげで検索順位が上がるという状況にすることが可能となります。

サイトを作成するときにはE-A-T対策も重要となっています。EATとはExpertise、Authoritativeness、Trustworthinessの略です。Expertiseとは専門知識のことであり、専門性の高さはサイトの大きな魅力となっています。Authoritativenessは権威のことであり、権威があることでサイトを見る価値を見出してくれる方が増えます。Trustworthinessとは信用性のことです。信用性がないサイトはどれだけ内容が充実していてもあまり見てもらえません。それゆえに信用性が重要となっています。このEATは世界の多くのサイトが意識していることでもあります。

サイトのコンテンツを充実させるときには内部対策と外部対策の両方を心がけておくことが大切です。内部対策と外部対策のうち、どちらを重視しすぎてもバランスが悪くなってしまいます。被リンクの数を増やすことはアクセス数をアップさせることに繋がるので有効といえるでしょう。SEO対策において被リンクの内容を精査するケースは非常に多いです。Googleのアルゴリズムに合ったサイトを運営することがSEO対策となります。その時にEATを重視することも重要となっています。もちろん、注目のコンテンツを多く取り扱っていると、SEO対策になるだけでなく必然的にアクセス数が増えやすくなります。

関連記事
ペンギンアップデートについて詳しく解説

ペンギンアップデートとは、SEOスパムや低品質なリンクを対象として、ウェブサイトの評価を調整するアップデートのことを言います。Googleではユーザーの利便性を重視して、ペンギンアップデートを行っています。簡単に言うと危険性の高いサイトの検索順位が上がらないようにするのが、ペンギンアップデートの大き

2019年06月25日
Google大変動アップデートによる順位への影響

Googleでは年に何回かコアアルゴリズムのアップデートを行います。コアアルゴリズムとは、アルゴリズムの中でもコア、核となる部分のことを指します。検索結果への影響は大きく、コアアルゴリズムがアップデートされたときには検索順位が大きく変動することもあります。Googleはコアアルゴリズムをアップデート

2019年05月07日
YMYLとは?強化対策として知るべき事

Googleでは検索品質評価ガイドラインを定めています。Googleは品質の高いサイトをなるべく検索結果の上位に表示するように努めていますが、何をもって品質が高いとするのかについては判断基準が重要となります。そこで検索品質評価ガイドラインを公開しています。検索品質評価ガイドラインには様々な項目がある

2019年07月14日