• ホーム
  • YMYLとは?強化対策として知るべき事

YMYLとは?強化対策として知るべき事

2019年07月14日
パソコンの画面と手帳

Googleでは検索品質評価ガイドラインを定めています。Googleは品質の高いサイトをなるべく検索結果の上位に表示するように努めていますが、何をもって品質が高いとするのかについては判断基準が重要となります。そこで検索品質評価ガイドラインを公開しています。検索品質評価ガイドラインには様々な項目があるので一概には言えませんが、基本的にはユーザーに使い勝手と感じてもらいやすいサイトほど高評価になる傾向があります。

例えば、表示速度が速いサイトと遅いサイトでは、速いサイトの方が使い勝手が良いと判断されるのが一般的です。また、1ページに小さな文字が詰め込まれているとどうしても見にくいという印象になることがあります。そこで見やすいサイトを心がけることも評価を高めることには有効です。サイトを訪れる方が何か情報を探しているというケースは少なくありません。それゆえに、情報をしっかりと発信しているサイトは品質が高いと見なされる可能性が上がります。専門性が高いサイトはアクセス数も増えやすいです。つまり、専門性の高さとユーザーにとっての使い勝手を両立させているサイトほど高評価になるといえるでしょう。

数あるジャンルの中でも特に重要視されているのがYMYLです。YMYLとは簡単に言うとお金や人生に関するものを指します。お金や人生に関するものはその情報が正確でなければ、大きな不利益を及ぼしてしまう恐れがあります。それゆえにYMYLを取り扱っているサイトは一層正確性が重視されるといえるでしょう。YMYLを扱い、しっかりと正確性を確保している場合には検索上位に表示される可能性が高くなります。記事の1つ1つの品質が重要ではありますが、品質ばかりにこだわりすぎて記事の数が少なくなってしまうことには注意が必要です。検索上位に表示されるためには記事の品質と量が重要となります。

サイトの内容についてはEATも重視されます。EATとは専門性、権威性、信頼性の3つを表す言葉です。SEO対策の際にはその3つにこだわってサイトを編集することが有効となります。サイトから発信される情報の正確性も非常に大切です。サイトの中にはアクセス数を増やすために、タイトルなどでオーバーな表現をしているところもあります。それは一時的なアクセス数アップにつながるかもしれませんが、段々と信用性を失ってしまう恐れがあるのでSEO対策として逆効果になる可能性を生み出します。

関連記事
近年は更に被リンクが重要視されている

昨今のGoogleのアップデートではウェブサイトのリンクが重要とされています。ユーザーのニーズは複雑化を続けており、1つのサイトで疑問を解決できないケースが増えてきました。そのため、リンク先も活用できるサイトの方が使いやすいという考え方が広がり、リンクが充実しているサイトが検索上位に表示されるように

2019年05月21日
ペンギンアップデートについて詳しく解説

ペンギンアップデートとは、SEOスパムや低品質なリンクを対象として、ウェブサイトの評価を調整するアップデートのことを言います。Googleではユーザーの利便性を重視して、ペンギンアップデートを行っています。簡単に言うと危険性の高いサイトの検索順位が上がらないようにするのが、ペンギンアップデートの大き

2019年06月25日
Google大変動アップデートによる順位への影響

Googleでは年に何回かコアアルゴリズムのアップデートを行います。コアアルゴリズムとは、アルゴリズムの中でもコア、核となる部分のことを指します。検索結果への影響は大きく、コアアルゴリズムがアップデートされたときには検索順位が大きく変動することもあります。Googleはコアアルゴリズムをアップデート

2019年05月07日